遠い場所

都内は土曜日まで久し振りの晴れマーク、寒いのも雨ももう飽きてしまいました。厚手の上着を脱いで身軽になって、背中を伸ばして歩ける気候が待ち遠しい毎日です。皆様、お元気にお過ごしでしょうか。

前回のブログに娘と日帰りで関西に行くと書いたのに、なかなか更新出来ずにいました。今度こそは旅行中に体調を崩さないようにと、出発まで万全の注意を払ったので体調も良く、久し振りの娘との2人旅を満喫して参りました。

梅田も神戸も30数年振りだというのに、不思議なものですね。その場に立った一瞬で、すっかり忘れていた出来事が昨日のことのように蘇ってきました。大学時代、私は友人と梅田の阪急3番街にあったプランタンというカフェでアルバイトをしていました。ある日友人が、「 あ!お店に傘忘れてきた、取りに戻るからついてきて。」って阪急百貨店の前まで来た時に言い出し、「 雨降っていないけどね。」って言いながら引き返したことがありました。そんな事を、娘と地下街への階段を降りている時にふと思い出しました。長い時間というものは、本当に不思議なものです。当時は何も思わなかった曽根崎警察を今回とても懐かしく思えたのも、そのせいなのかもしれません。

大学は阪急沿線にあります。途中下車して歩いてみようかと随分迷いましたが、今回それはやめました。直ぐに世話好きの気の良い地元の友人達に恵まれ楽しい毎日を過ごしましたが、若さゆえ人並みに悩みもありました。懐かしい街並みを眺め10代の自分を思い出しながら、その場所だけは触れずに取っておきたいと思ったのです。三宮センター街も異人館行きのバス停も、あの頃と同じ場所にありました。何も言わずに隣を行く娘の顔を見たら、数年後にあなたは娘を産み、30年以上経ってその子と並んでここを歩く事になるのよ、色んな事が起きたけど何とか元気でやってるって・・・あの時の私に教えたいと思ったりしました。でも良く良く考えたらそんなこと、

知りたくない。笑

本当に娘と2人、幸せな時間を過ごしました。そして今、私はとても幸せなんだと再確認出来ました。行って良かった。それなのに・・・あんなに気をつけてたのに何と・・・帰宅したその途端に、

高熱で寝込む。爆

免疫なさすぎ。