個室移動

皆様、いかがお過ごしでしょうか。連休も今日が最終日。静かだったマンションに子供達の声が響き渡り、長いお休みの終わりを告げています。前半の寒くぐずついたお天気が、後半は良いお出掛け日和に変わって良かったですね。

このお仕事を始めた頃からだと思いますが年末年始も夏休みもどんなに長くお休みが続いても、どこかに出掛けようと誰に誘ってもらっても、お店以外の私は自宅にこもってばかりでした。夜型のペースが崩れるとお仕事始めが辛くなることや、静かに自由に過ごしたい思いが人並み以上に強いのかもしれません。それと考えられる理由はもう1つ。自分は失礼にならないようにと知らない人に気を遣うのに他人はそうでもないと、歳を取ってからは究極の出不精になってしまった父。そんな父に私は段々似てきました。どうして親子って、歳を重ねると欠点ばかり似てくるのかしら。それでなくても欠点だらけの父だったのに。

あ〜、嫌だ。笑

でも最近、何とかしてその苦手を克服したいと思うようになってきました。明るい陽の下に立つ事が殆どない生活の繰り返しです。そして自分から出掛けようと思わなければ、私はきっと痴呆症のコウモリ老婆になってしまう。

そこでこの連休は時間の許す限り・・・自動車であちこちにチョロチョロ出掛けてきました。連休の初日は渋滞を避け明け方に都内を脱出、那須高原まで。1度帰宅して、房総半島をぐるりと周って茨城に。また一旦帰宅して三浦半島。丑三つ時は都内をぐるぐるぐるぐる・・・

娘が何度も、「 ママ、大丈夫?」って顔を覗き込んできました。大丈夫よ〜、今回は克服の第1段階だからね。マイカー以外は新幹線にも飛行機にも何にも乗っていない。個室移動だもん。家族以外は誰とも喋っていないしね〜。

あ、象には乗ったゾウ。