ママの味は同じ味

ママの味は同じ味

今年は空梅雨でお洗濯物がよく乾くと喜んでいたら、雨マークだらけの梅雨らしい梅雨になってきました。梅雨の終わりは大雨に警戒せよとの事、今年は大きな災害が起きなければ良いですね。皆様、お変わりございませんか。

そんな冷たい雨の中。私達親子は先週末、湘南から藤沢経由で鎌倉方面、成田からの海ほたると深夜のドライブを楽しんできました。そして今週末は・・・自宅でゆっくりのんびり。遠出は少し休憩して、久し振りに変わり種のお料理でもとスーパーに行ってきました。食材を選びカートにポイポイ入れていると娘が、「 ママが作ったひじきが食べたいんだけど。」って言い出しました。ひじきは予定外でしたが、ママが作った物が食べたいと言われて喜ばない母親はいません。

私はひじきの袋をカートに入れながら、「 一緒に作らない?」と娘に提案しました。すると、「 うん、教えて。」って娘。。今まで食べる専門で一度だってお料理に関心を示さなかった娘の、教えての言葉に私は益々嬉しくなって、「 ママは挽肉がいっぱい入ってるオムレツが食べたいんだよね。ひじきとは合わないけど。ま、いいよね。」で、昨夜2人で作ったのですが。

まず私は・・・「 ひじきを戻さなきゃいけない。それにはちょっと時間が掛かるからね。」って娘に教え、その間に玉ねぎの皮をむくよう指示して、それから切らせて。ウインナーなんかも切らせて。娘がむいたり切ったりしている間に、フライパンで挽肉を炒めながら調味料は何か、分量はどのくらいか丁寧に教えてた。娘が、「 切ったのはどうしたらいいの?」って聞いてきたので、「 ここに入れて。」って炒めてる挽肉の上に移すよう指示。「 最後にケチャップを掛けるから、ここでの味付けは薄めでいいのよ。」なんてね。戻したひじきを隣のコンロで同時に調理しながら、こっちの味付けはこれとこれとこれでって得意げに教えてた。食べる専門だった娘と一緒に作ってることが、ただただ嬉しくて。

そんな時、娘がポツリ。「 なんかさ、こんなこと教えてもらってたら、ママがもうすぐ死ぬんじゃないかと思うわ。」

・・・し〜ん

「 ママが作るとどうして全部同じ味になるんだろうね?」

ならない。

なんも聞いてなかったんか〜い。爆