銀トリ日記

wpid-20150717082910

新年明けましておめでとうございます。謹んで新春のお慶びを申し上げます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

大晦日に何十年振りかでずっと紅白歌合戦を観ました。終わる頃には派手な照明のせいで目がシバシバになってしまいました。笑

 

その後バルコニーに出て一息ついていると、東京湾に停泊中の船舶が一斉に年明けを伝える汽笛を鳴らし始め、遠くディズニーランドでは大輪の花火が天高く咲き始めました。真冬の澄みきった空気の中を響き渡る深い音色と色鮮やかに咲く大輪の花。その美しさに感動して身動きできなってしまった私なのでした。

 

我が家の元旦は親族や親しい方をお招きし賑やかに始まりました。深夜にお客様をお見送りした後は年末に大量借りしておいたビデオをずっと自宅に篭って見続けるという。この不健康な行為を私は飽きもせずもう20数年も続けています。最近は娘と半分ずつ選んでレンタルするのですがそれが・・・娘チョイスした映画のしょーもなさときたら。

 

最低です。笑

 

折角レンタルしたのだからと私は最後まで観るのに、借りた本人は余りのくだらなさに隣で爆睡。娘の寝顔を見ながら、こいつは一体全体何を考えているのかと・・・

 

あ、空っぽ?笑

 

今朝、責任感を感じた私は勇気を出して娘に聞いてみました。「 ね?ちゃんとあらすじ読んでからレンタルしてる?面白そうだと思って借りてるのよね?」すると娘が、「 パッケージ見て勘。」

 

ガーン。

wpid-20150716080958

いよいよ2013年の締めくくりの日になりました。お正月の準備はもうお済みでしょうか。今年はお天気に恵まれて良かったですね。

 

我が家では毎年年末になるとホームセンターに出掛け大量に洗剤を買い込み大掃除に励むのですが、腰は痛いし指先はガサガサになるし大晦日にはグッタリ。時間をかけて頑張った割には納得出来る仕上がりにならずいつもガッカリ。今年もまたあれをやるのかって気が重くなっていたら、「 ママ、1度お部屋のクリーニングをお願いしてみれば?」って娘が言いだしました。って事で思い切って今年はキッチンとバスルームなど手間のかかる場所は全てプロにお任せしてみました。

 

昔は高額でしたが今は私のような庶民にも手の届く良心的なお値段なんですね。しかも仕上がりは流石プロ、短時間でみるみるピカピカになりました。
何より私の心に余裕が出来て、その分ゆっくり新年のお料理が作れました。

 

老いては子に従え。

 

「 ママ、こうしてみれば?」ってアドバイスをくれ硬くなりがちな頭の私はとても助かっています。今後もマスターと娘の力を借りながら、皆様に精一杯のおもてなしを提供したいと考えています。新しい年も変わらずお付き合い下さいますよう、どうぞよろしくお願い致します。

 

皆様も心穏やかな新しい年をお迎えになれますように心からお祈りしています。

wpid-20150716105927

まだまだあると思っていたのにクリスマスが終わると年末までは猛スピードですね。除夜の鐘までほんの僅かな時間を残すばかりとなりました。皆様どうぞお怪我などなさいませんよう、お気をつけてお過ごし下さいませ。

 

昨日、スタッフ全員で店内の大掃除をしました。私はいい加減そうに見えて実は超がつくほど神経質です。物にはそれぞれ定位置を決めていて、動かした後は必ずそこに戻さなければ落ち着かなくて眠れなかったりもします。

 

とっても繊細。笑

 

マスターにトリルに勤めて来て頂く事が決まった時の私のお願い事のトップ1は、『 清潔にして下さい。』でした。それ以来マスターはちゃんと守ってくれています。知らず知らずに物は増えていき、大掃除のタイミングで処分する物が山積みになりました。その処分品の中に待機中に履くスタッフのスリッパが3足。履くのはごく短時間で殆ど傷んでいないのですが、私はアッサリ処分を決めました。

 

私の母は物の不自由な時代に育った節約家ですが、傷みが僅かでも年末には必ず処分していた物がありました。それは家族中の下着とパジャマ。母があまりあっさり捨てるので不思議で聞くと母は私にこう言いました。「 見えるところばかり綺麗にしてもダメよ。それに新しい年を迎えるのだから人間も新しい物を身につけないとね。唯一の贅沢。」だと。

 

カッコえぇ〜!

 

誇れるところの少ない母ですがそこだけは尊敬し、新年を新しい下着とパジャマを身に付けて迎える私達家族は世界中で1番オシャレかもしれないと思った可愛い私でした。いい時代でした。母に習って私もカッコ良く、まだ綺麗なスリッパ3足をバッサリと。

 

隣のマンションにいるのに12月中は会えなかった両親に今日会いに行って来ました。玄関に出てきた母は3年前と同じパジャマ姿でした。

 

はぁ〜?笑

wpid-20150716110201

風が冷たいですね。ボンヤリ歩いている私を乾いた葉っぱが勢い良く追い抜いて行きました。急ぎなさいねって言われたみたいでした。だけど私は慌てずゆっくり。皆様もマイペースでお過ごしくださいませね。

 

先日、お客様のお声掛けでご出身高校の同窓会の2次会がトリルで行われました。私は同窓会はずっと不参加で、その空気感を味わったことはありません。お話しには聞いていましたが同級生って、会えない期間がどんなに長くても一瞬であの頃に戻れるんですね。

 

当日は15名参加の賑やかな会になりました。当時の愛称で呼び合って、昔を懐かしみ楽しそうにお話されるうちに方言が飛び交い始めました。見ている私まで嬉しくなりました。そして近づき過ぎていつも喧嘩するのに、毎日飽きもせず一緒にいた幼馴染のことをふと思い出したりしました。

 

負けず嫌いだったアッちゃん、 すっかりオバさんになってるだろうなぁ。そういえば数年前、いつも不参加の私に見せてやろうと友人が同窓会の集合写真を持って来てくれた事がありました。「 どうだった?同窓会、楽しかったの?」「 面白かった。」「 面白いって何が?」「 それがね、皆んな頑張って若作りして来る訳よ。いつまでも若いわねぇ、あなた昔とちっとも変わらないわねって。」「 褒め合うわけね。」「 若いわね〜若いわかぁ〜いってね。」「 それでそれで?」「 それで会も中盤になって幹事さんが記念撮影しますよってなるわけ。んで写してさ、後日送られてきた記念写真がこれなんだけどね。これが現実。」

 

ギャハハ。

 

同級生って良いものですね。

wpid-20150716080045

皆様、お変わりなくお元気でお過ごしでしょうか。街を行けば厚手のコートの方もチラホラ。ショップのディスプレイもいつの間にかクリスマス一色になりました。いよいよ年末に突入ですね。気忙しく落ち着かない時期を迎えますが、どうぞお怪我などなさいませんようお気をつけてお過ごし下さいませ。

 

トリルも先日スタッフ全員でクリスマスの飾り付けをしました。いつもは暗い店内が年に1度の派手な装いになりました。皆さんはクリスマスといえば?私は、

 

大きな苺の乗った丸いケーキ。笑

 

キリスト教でもなければ賛美歌も歌えませんが、この歳になっても白いケーキのあるクリスマスは大好きです。ワクワクです。

 

私の両親は事業をしていて年末は特に忙しく、12月中は私達姉妹は完全に放置でした。そんな両親もクリスマスイブの夜だけは幼い姉と私の為に時間を作ってくれました。普段は祖母の作る和食中心の食事が、その夜だけは母が作った華やかで豪華な洋食でした。それより何より嬉しかったのは母が注文したケーキの大きな箱が、夕方からカップボードの上に置いてあるのです。それが大きくて超魅力的で。笑

 

これは後に母から聞いたのですが、
ケーキを何故カップボードの上に置いていたかというと、私が何度もケーキの箱を開けてクリームを食べる恐れがあったからだそうです。

 

ひど。笑

 

ある年のイブの日でした。やっぱり夕方になると憧れの大きなケーキの箱がカップボードの上に。私は早く見たくてみたくて、椅子をカップボードの前に持って行きその上に乗り思い切り手を伸ばしました。そして指先が触れた瞬間、夢のケーキが床に真っ逆さま。

 

げ!

 

ショックで泣きそうでした。泣きそうでしたけど我慢して、そっと元の位置に戻しておきました。爆

 

どうして犯人が私だって、皆んな気付いたんでしょう。どうして姉の仕業だって誰も疑わなかったんでしょう。箱を開けた瞬間の家族のしら〜っと私を見る目の冷たいといったら。

 

ちっちゃい人間達。笑

 

だから私はクリスマスが大好き。イブのケーキが好き。大きな箱に入った丸いケーキが好き。クリスマスといえばケーキ。丸くて大きな苺の、白くて大きくて丸くて白くて大きい。

 

ケーキじゃなきゃ。