Categories

まるで海の底のようなシックなライブ&バー♪
忘年会・新年会などのご予約はお早めに 03-3572-8228

銀トリ日記

wpid-20150716111731

皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

 

実は私、3日ほど前から喉の痛みが気になっています。
だけどそれは気のせいにして、何とか気力で持ちこたえています。やっぱり朝方、お尻丸出しで薄い毛布1枚だった。

 

あれがいけなかったのでしょうか。笑

 

朝方は気温が急にグッと下がり、風邪をひきやすい季節になって参りました。どうぞ皆様もお尻を出さない様に、お気をつけてお過ごし下さいませ。

 

そうは言っても職業柄、私は1年中をドレスとピンヒールで過ごしています。ビルの地下の店内はとても冷えて辛いので、お客様がいらっしゃるまで丸い上に丸くなって過ごしています。鏡餅です。笑

 

この時期にはいつもの事なので、ドアーが開くと同時に上手に、お餅から人間に戻る早業を身につけました。そんな私を温めて下さるのは、やっぱりお客様だけ。待つ身の辛さも、お顔が見えた一瞬で消えてしまいます。

 

ゲンキンです。笑

 

いつもいつもありがとうございます。
お寒い中をいらして下さり、本当にありがとうございます。

wpid-20150716112046

めっきり寒くなってきました。
懐も寒いから余計に、ブルッ!笑

 

これからの季節って鍋ですよね。
ポカポカ温まっていいですよね。
だけどそれ以上に良いのは、心許せる方との語らいでしょうか。傍にいられるだけで幸せです。。

 

うちにはちょっと暗いですが、口数も極端に少ないですが、本当は人の気持ちが良くわかる、酔うと嘘みたいに良く喋る、優しいヒゲのマスターがいます。

 

寒い夜はオススメです。
何故か男性にとても好かれます。
ゲイではありませんと本人は言っています。

 

知らないけど。爆

 

是非、確かめにいらして下さいませ。

wpid-20150716112244

それにしてもこの連日の猛暑。
難しい事はわかりませんが、これって地球温暖化のせいかもしれませんよ?笑

 

テレビを付けたら甲子園球児が映って、真っ黒焦げでした。応援団のあの女の子達、シミとか気にしないんでしょうか?私なんて少しでも日陰を選んでコソコソと、まるで探偵みたいな動きをして歩いてるのですが。シミができたら、もう絶対に元には戻りませんから。

 

抜き足差し足忍び足っと。
あ、これはコソ泥でした。爆

 

お空はもうすっかり秋の気配なんですけど。
天高く馬肥ゆる秋。
天高くなくても肥えるもあ。笑

wpid-20150716112947

皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
まだまだ暑い日が続いています。
お盆休みをお里や海外で賑やかにお過ごしの方や、ご自宅でのんびりとお過ごしの方、世間はお盆休みでも私に休みはない!って方もいらっしゃるでしょう。

 

もう少し厳しい暑さが続くようです。
蒸し暑い日本の気候は体力も消耗しがちです。関西では大雨による被害も出ているとか・・・どうぞ皆様お気をつけて、楽しい夏の日をお過ごし下さいませ。

wpid-20150716113205

銀座クラブの雇われママだった私に、転機が訪れたのはある日突然。もうクラブはいいかな、少し違う世界も覗いてみたいな〜、そんな事を思い始めた頃の事でした。

 

銀座6丁目の老舗シャンソニエが、「 ママを募集しているから行かない?」ってお客様に聞いて、すぐにクラブを辞める決心をし後先考えずにそのお話に飛び付いたのです。

 

そこは毎晩3組の歌い手さんとプロの演奏者を招き、お客様にショーをお楽しみ頂くお店でした。そしてそちらに在籍した数年間で、私はたくさんのアーティストの方々とお会いする事になるわけですが・・・。お店のオーナーから集客力のある方だけ出演させ、実力があっても集客出来ない方の出演依頼はお断りするようにと言われていました。初めは何とも思わなかった私でしたが、ある頃から、“ それって変だな?” って思うようになりました。

 

疑問を持ち始めた頃。
クラブ時代のお客様が遊びに来て下さりショーをご覧になった後で、「 上手じゃなくてもいいんだね。」って。「 上手な人の時に声掛けてね。」それはそうですよね。でも当時の私には、どうする事もできませんでした。

 

ある日。
「 ママ、 お誘いしていたお客様が全滅で・・・どうしましょう?出演しないで帰った方がいいですか?」と出演者が辛そうに聞いてきました。「 そういう日もあるわよ。」私は彼女を慰めましたが、オーナーから集客ゼロを責められ、その夜の彼女のステージは散々なものでした。いつも素晴らしいステージを観せてくれる歌い手さんでも、そうなってしまうのです。

 

GINZA. TRILL.で行なっているライブは、当時私が抱いた疑問に私自身が出した答えを形にしたものです。

 

休業日を利用して楽しく賑やかにやればいいじゃない。
どうせお家賃は同じなんだもの。
アーティストの方々に参加料は頂かなくてもいい。
勿論ノルマなんてものもなくていいわ。
ただ一生懸命にやって欲しい。
ちゃんとしたライブハウスではないからなどと言い訳せずに、お客様がいらっしゃらなくたって感動的なステージを。自分のお城を持って、やっと私は疑問を形にする事が出来たのです。

 

皆様、どうぞお時間を作って是非観にいらして下さいませ。彼らの頑張りに、温かいご声援をお願い致します。皆さん、とても頑張っています。