銀トリ日記

今年も残り僅かになりました。毎年この季節は必ず巡ってきて時間は変わることなく続くのに、何年繰り返しても一向に慣れずせかせかと慌てている私がいます。皆様はこの年末をいかがお過ごしでしょうか。私のような人間が増える時期です、どうぞお気をつけてお過ごし下さいますように。

金曜日の夕方。お客様にお渡しするお年始のお菓子が足りなくなった為、三越に立ち寄りました。あんなに何度も数えて間違いなく買ったはずなのに不足って一体これはどうした事なのか、でも余るよりは嬉しい事だと思い直しながら。想像通り食料品売り場はとても混雑していました。私はお目当ての売り場に一目散に向かいました。不足分をさっと注文し、店員さんがささっと包装。言わずとも個数分の小袋がきちんと隅に入っていて、流石ベテランさんは手際が違うと売り場を後にしました。

気持ち良い

いつもは年末ギリギリに買うお正月の母の生菓子も、今年は日持ちするもので済ませようと2、3箇所回って買いました。親切な店員さんに、「 お荷物1つにおまとめ致しましょうか?」「 ありがとうございます。でもまぁ〜いいわ。どれがどれかわからなくなりそうだから。」「 そうですか。生菓子が日持ちすれば良いのですけど。」「 そうですよね。いつもは30とかに来るのだけど、でも今年はこれでもう良いわ。あの芋の子洗うみたいな売り場に来なくて済むし。” なんてね。

上機嫌。笑

その後、若いお客様達とマスターにクリスマスプレゼントを買う為、自分のバックとお菓子の紙袋を4箇所分下げて紳士服売り場に移動。シーズンだというのに不思議と売り場はガラ〜ンとしていました。“ 流石に直前になってプレゼント選びもないかぁ。” って思いながら遠目で店内を見ながら2周歩き、あるショップで足を止めると・・・ショップの一番奥に立ってクルクル周る私をジィーっと見ていた白髪のおじさんが嬉しそうに寄ってきて、「 どういった物をお探しですか?良かったらお荷物をこちらに置いてお選び下さい。」商品に詳しくハキハキした物言いで、付けてる香水も私好みで渋く似合っていて大変よろしい。笑

色々悩んでやっと決めて。「 お箱に入れてラッピングになりますが、包装紙とリボンは何色になさいますか?」「 どちらもブルーでお願いします。」「 ではそのように致しますね。少しお包みにお時間を頂戴致しますので、こちらにお掛けになってお待ち下さいませ。」

はいはい。

「 あっ!お客様、小さなお荷物だけでも1つにおまとめ致しましょうか?」「 あ、そうね。じゃ、これとこれはこっちにまとめて頂いて。これとこれと、これとこれと、これとこれらはこっちにまとめてもらって。これとこれとこれはこっちでお願いします。」「 わかりました。」

売り場には色んな店員さんがいて色々周るとイラッとする人にも会うものなのに、今日はなんて良い日かしらなんて三越を出て。それにしても1つにまとめると重いな〜と何度も持ち直しヨタヨタもう直ぐお店の所まで歩いてきた。

すると・・・いつもお客様とお食事に行くお店の店長が、看板持って暗い顔して角に立ってる。私に気づいて、「 もあさぁ〜ん。どうしたんですか、凄い荷物ですね。」と声を掛けてきた。私はそうなのよ〜、だけどどうしたの?店長自ら外に立つなんて立派だわぁって。店長は今夜ご予約の団体様がキャンセルになって、仕入れたお刺身が台無しになってしまうって。それはそれは落ち込んでいて。うちのマスターより暗かった。あはは

聞かされて気の毒すぎて、私は今買ってきたばかりのお客様に差し上げるお菓子の箱を紙袋から1つ・・・

あぁぁぁぁぁっ

足りなくなるのはこれかぁ。笑

なるほど。

しとしと冷たい雨が降り始め寒い週末になりました。皆様、お変わりございませんか。

昨日、娘がペットショップのわんちゃん貸出しサービスを利用して、我が家に小さなフレンチブルドッグを連れ帰ってきました。購入する前の1度お試しのサービスで、少し心は複雑ですが一生お付き合いする為と捉えれば良いサービスを考えたものだと感心します。

我が家の愛犬ちぇるは10歳、人間でいうともうすっかりお婆ちゃんなのだそうです。大きな病気を1度もしたことがない健康体で、私達の中では今でも赤ちゃんのままです。出来る限り色んな場所に同行し愛情たっぷりに接してきました。でももう1匹仲間がいればちぇるはもっと楽しいのではとずっと思ってきました。それにしてもちぇるは他のわんちゃんには全く興味を示さないか、苦手なタイプがとても多い難しい性格で・・・。

誰かに似てる。笑

小さなわんちゃんは真っ黒クロスケの女の子で、まるで宇宙人みたいな風貌でした。ショップでは何故かブーちゃんと呼ばれていました。ブーちゃんが我が家に来た時、ちぇるはトリミングに出掛けていて留守でした。ブーちゃんはとても人懐こく順応性があり好奇心旺盛で、我が家の全ての部屋をチェックして回りました。愛されたくて一生懸命、そんな風に見えました。

ちぇるが帰って来ました。想像通りでした。どうしても仲良くなりたいブーちゃんに執拗に追いかけられ、ちぇるは登って来られない高いソファーに逃げ込みました。喉が渇いてお水が飲みたいけれど、怖くてソファーから降りられませんでした。そんなちぇるの気も知らずブーちゃんはガツガツ餌を食べグビグビ喉を鳴らしてお水を飲み、愛想振りまきながら走り回って皆んなに猛アピール。ちぇるは呆れて言葉もなさそうでした。そしてとても寂しそうで、見ているこちらも堪らなくなりました。

貸出し終了の時間がきてブーちゃんを箱に入れた時、それまで1度も鳴かなかったブーちゃんが泣きました。娘が、「  こんなに人懐こくて可愛い子だから直ぐ誰かに飼ってもらえる。」って言って、「  人間でも中々合う人とは巡り会えないから。」って。それから2人長い沈黙・・・。

だっけどブーちゃん。。あんた高い、50万て高過ぎる。わんちゃんだから可愛いけど、人間だとメイクに相当お金掛けないと。思春期には悩むと思うわぁ。グイグイ行くのも良いけど、たまに切なく鳴いて良いと思う。真っ直ぐに人を見ないでお膝に座る時はお尻からよ、そっとね。

きも。ギャハハ


昨日はとても寒い日でした。特に夕方からは霙混じりの雨が降り、指先が悴むほどでした。何をまたママがオーバーな事を・・・と思われるでしょうか。 実はその霙混じりの雨が降り始めた頃、私は出勤の為タクシー乗り場に立っていました。いつもなら混み始める前にタクシー乗り場に行きさっさと乗り込むものを、昨日の私は出掛ける準備に手間取り出遅れてしまいました。そこにたどり着いた時はもう長蛇の列でした。冷たい雨のせいか、忘年会シーズンのせいなのか・・・。

前の団体さんの、「  こんなに待った事ないよな。」って声が聞こえてきました。こんなに待った事ないって何分なの?と、その時の私はまだ余裕がありました。それにしても通り過ぎるのはお客さんを乗せているか、迎車ばかり也。。目の前を都バスが通ったと思ったら、1番前の団体さんがバス停目掛けて走って行きました。それから10分程して、次の団体さんもバス停に移動して行きました。バス停だって長蛇の列なのに。1人抜け2人抜けて、私の前は1組3名だけになりました。

雨が益々激しく冷たくなってきて、私の可愛い手が悴み皺くちゃになったのはその頃でした。前の団体さんも遂に諦め都バスを追いかけて走って行き、私は1番前になりました。私は諦めたりしませんよ、諦めるという事が1番嫌ですからね。いくらウエルカムだからって、都バスになんか絶対に乗りません。それに昨日はバックの他にお酒を入れた重いキャリーと、傘までさしてたんですから。

あんな満員バス。笑

それから10分・・15分・・・どこから情報を仕入れたのかタクシー乗り場には誰も来ず、私はずっと独りぼっちの1番前でした。そしてやっぱり走り過ぎるタクシーは嬉しそうなお客さんを乗せてるか、迎車ばかり。あの人達は何が嬉しくて笑っているのでしょう。

すると反対車線に・・・向こうのはるか向こうの向こうの方から空車のタクシーがっ!

私、ダッシュ‼️

走った、やった、乗った!

逆向きですけど。爆

暑い時期はお休みしていたお店のおつまみの生チョコ作りを2週間前に再開。昨年あんなに何度も作ったのに一年経つとすっかり忘れてしまっていて、また1から出直しです。スーパーに行って大量のチョコと生クリーム、果実やお抹茶、ココアやシナモンを買い込み5種類、合計100個の生チョコを作りました。そして昨日はその第2弾。またまたチョコの爆買いに出掛け、合計70個作りました。

売ろうかしら。爆

 そんな私の隣で娘がお客様方にお菓子を作っています。今年は手作りクッキーを焼いて皆様にお配りするのだそうです。いつになく真剣な表情をして、生地を丸めたり伸ばしたり丸めたり伸ばしたりしています。笑

「  ママの生チョコの味は最高なんだけど形が悪いからね。形が良ければ最高なんだけどね。もっと丸く出来たら良いのにね。そこを研究した方がいいと思うよぅ〜。」っていつも娘は私に言います。それって最高じゃないって事だよね?って言いたいところを私はいつも我慢しています。だから今日は娘が手伝ってって頼んできても絶対に手伝ってやる気はありません。3種類のクッキーを作るそうで、そのうちの1つがポッキーだと言っていました。ポッキーにはチョコがついています。お菓子作りの何が難しいって、チョコレートの扱いだと私は思うんですよね。  

娘は1番簡単なクッキーから作り始めました。それは信じられないくらいあっという間に出来上がりました。試食しています。美味しいみたいです。そしてポッキーに取り掛かったようです。「  お料理は爆発だ!」と縁起でもないことを口走りながら生地を薄く長く伸ばしています。私が知ってるポッキーは丸くて細長い棒状の少し硬めのクッキーにチョコレートがついています。が、娘はナイフで細く切って焼きました。  

丸めんのか〜い。  

焼きあがったようです。また試食しています。チョコを溶かしています。四角くて長いポッキーを5センチ程にカットしてしまいました。(?)チョコを塗り始めました。「  これ難しいな・・・」と呟きました。乾かしています。なかなか乾かないと言っています。「  ココアパウダーある?」って聞いてきました。ココアパウダーをもっとくれと言ってきました。5センチのポッキーを1つ摘んで高く持ち上げ眺めています。あ、また試食した。   

・・・かりんとう?   

「  味は美味しいわ。」って言いました。 

形は良いのね。爆   

娘作、タイトルは、『   冬の口どけ  』だそうです。頑張って作っていました。是非、お召し上がりになってみて下さいませ。     

 


  

ほんの2、3ヶ月前にクリスマスケーキを食べた気がするのですが、早いものでもう年の瀬ですね。やはり12月、日に日に寒さが厳しくなり冬らしくなって参りました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。風邪などおひきになりませんよう、どうぞ温かくしてお過ごし下さいませ。

12月1日、銀座のトリルは開店9年目を迎えました。8年もの間お店を維持出来たのは、偏にお客様のお陰と感謝しています。お忙しい中いつも足をお運び下さいましてありがとうございます。今後も皆様に来て良かったと喜んで頂けるよう、スタッフ一同尚一層努力して参りますので、どうぞ末永くお付き合い下さいますようよろしくお願い致します。


昔から私はお誕生日会や周年記念など大袈裟な行事が苦手で、今年も例年通り、どなたにも話さずいつも通りの営業をしていました。経営者になり周年の数が増える度、喜びや安堵は少しずつどこかに消え代わりに危機感が増していきます。8年経って、私も経営者の端くれになってきたということでしょうか。開店当初もプレッシャーで身体が押し潰されそうでしたが、今から思えばあの頃はまだまだ脳天気な私でした。開店して1年が経った夜、ホッとして嬉しくてよく眠れたことを覚えています。

偶然ですが11月30日から12月1日へと日付が変わる瞬間に、私はカウンターの裏にある時計を見にお客様のお席を一瞬離れました。9年目を確認して後ろを振り返ると、お客様のカラオケパフォーマンスに店内は爆笑の渦でした。娘も声を出して笑っていました。マスターも下げたグラスを洗いながら、やっぱり笑っていました。もしこんな夜に来客もなく、1人でお店の隅に座っていたならどれ程辛かっただろうかと。皆様の笑い声が有り難くて有り難くて・・・。

あるお客様が、「   良く頑張ってきたねぇ。トリルが出来た時に生まれた子供は小学3年生なんだね〜。あと3年で中学生だね。ママ、頑張って。」と言って下さいました。その瞬間にお店を持つまでの苦労や、開店してからの8年間の思い出が蘇り涙が溢れそうになりました。

私はやっと小学3年生です。もう3年したら中学生になります。私は高校にも、出来れば大学にも行きたいです。私はそうして成人し、色んな苦労を乗り越えて立派な大人になりたいと願っています。いつも支えて下さる皆様への感謝の気持ちを忘れずに、危機感を持って一歩ずつ前へ前へと進みたいと、そう願っています。

ありがとうございました。そしてこれからもどうぞよろしく。